忍者ブログ
なんとな~くやってみるブログ。
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



最近外国の幽白サイト様を飛び回っていますが…
実際、外人さん(中国はともかく、アメリカとか)はどの程度理解出来るのだろうと最近そればかり気になります。
向こうはキリストの世界ですし…
妖怪だとかコエンマだとか言われても分かるのかなぁと…(^_^;)
まぁ、千と千尋なんかよりはまだ明快かもしれないですが…
あぁ、でも仙水編とかは難しいですよね(笑)
海藤のタブー戦とかは、海外スタッフ殺しだと思います、あの能力。

そんな海外の幽白ですが、海外サイトさんで漢字の名前を訳しているサイトさんがありました。
たとえば、飛影は "flying shadow"というように。
まぁ、飛影をはじめ、凍矢とか雪菜とか、能力や容姿が名前に反映しているキャラはそれでOKだとは思うのですが……(飛影の説明はそれじゃ不十分だけどね)
鈴木を"buzzer tree"とされた日にはがっくりきますね(^_^;)
まぁ、そりゃ間違っちゃいないのですが…
美しい魔闘家鈴木というキャラを説明をするには、鈴木や田中が日本で一般的(っつーかベタ?)な名字である事を説明しなきゃはじまりませんよね。
そこで「鈴木」すらが偽名である事、鈴木の過去だとかがかいま見える訳で…
そこを押さえないと鈴木は単に鈴の木の変なピエロの人で終わってしまう(>_<)

浦飯幽助だって「うらめしや~」という決まり文句の説明をしないと分からないであろうし、死々若丸だって牛若丸を知らないと何がなんだか分からない(裏御伽メンバーは皆そうか…)
鈴木以外の裏御伽メンバーについてはサイト内で元物語の説明をなさってたので、分かるかなぁ…
さらに言えば、魔妖妖だって妖妖とヨーヨーをかけている事が分からなければ何のおもしろみもないのです。

うぅ~ん…外国で受け入れられている幽白が不思議でたまりません。
嬉しい事なのですが…
日本人だからこそ楽しめる特権なのかなぁ(笑)


今日の絵は小説に入れようかどうか迷ってる挿絵。
入れないかもしれんのでUPしてみたり…
とりあえず最近は鈴木の歌を聴いて笑うことにしてます。
あっ、美しい魔闘家の方の鈴木です。
去年じゃなく!!(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2018/04 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リヴリー
アクセス解析
忍者ブログ [PR]